About Bali
バリ画像1 〜バリ島とガムラン〜
熱帯の太陽がまぶしく照りつける
南海の楽園バリ島は19,000 程あると
言われるインドネシアの群島の中に
位置する小さな島です。
バリ島は、イスラム教徒が大多数を
占めるインドネシアの中で独特の
ヒンドゥー文化を持ち「神々と芸能の島」
とも形容され、多くの人々を
魅了してきました。
頻繁に行われる祭礼や冠婚葬祭でも
芸能を奉納することは欠かせず、
幼少のころから始めるという踊りや
音楽は日常生活の中に溶け込んでいて、
伝統芸能は今も世代を超えて
受け継がれています。
ガムランとは、バリ島やジャワ島を中心としたインドネシアや
マレーシアで発達し、広く演奏されている青銅製・竹製などのさまざまな
種類の打楽器を用いたアンサンブルのことです。
バリ島には、新旧あわせて20種類あまりのガムランの演奏形態が
現存しているといわれています。
 その中でバリ島のガムランは、ほとんどの場合微妙に調律を変えた
2台の楽器が1対の編成になっており、
呼吸する音の波のような周期構造を持っています。
この微妙な音のズレによる唸りと、たたみかけるようなダイナミックな
奏法がバリ・ガムランの神秘的な響きの源になっています。
バリ画像2      バリ画像3
ギータクンチャナ トップページ