Profile

バリガムラン「ギータ・クンチャナ」は...
バリ島のインドネシア国立芸術大学留学を終えた小林江美(大阪音楽大学卒業)により、
日本国内における本格的なバリガムランの演奏を目指し1994年に結成されました。
また、メンバーの多くもそれぞれバリ島でガムランを勉強した経験を持ちます。
これまでにアジア関連のイベントやインドネシア文化を紹介する催しに多く出演する一方、
日本舞踊、真言聲明、和太鼓、ピアノ、ヴァイオリンとの共演などの新しい試みや、
学校公演やワークショップにも参加しています。
ギータ・クンチャナのガムランは、2名からの小編成の演奏から10名以上のより規模の
大きな演奏にまで対応しており、またバリ舞踊グループ「プスパ・クンチャナ」との共演で
さらにスケールの大きな舞台を披露しています。

私達のグループ名「ギータ・クンチャナ」とは「黄金の音」を意味し、
その名の表す通 りきらびやかで繊細な音のスコールを繰り広げます。


ゴン・クビャールの演奏とバリ舞踊のステージ

幻想的な音色のグンデル・ワヤン
ゴン・クビャール
Gong kebyar
「ゴン・クビャール」は、そのダイナミックさ、きらびやかさで有名で、
現在バリ島で最もポピュラーな編成だと言えるでしょう。
その楽器のほとんどは2台で1対の編成になっており、
呼吸する音の波のような周期構造を持っています。
その微妙な音のズレによると唸りと、たたみかけるようなダイナミックな
奏法が神秘的な響きの源になっています。
華やかなバリ舞踊の伴奏をするのもこの編成です。
グンデル・ワヤン
Gender Wayang
「グンデル・ワヤン」は小編成のガムランで、影絵芝居の伴奏や、
冠婚葬祭で場の空気を浄めるのに演奏され、
柔らで幻想的な癒し系の音色が特徴です。
最小編成が2台からですので、小さな場所でも演奏可能です。
踊りのアレンジも可。
バレ・ガンジュール
Bele Ganjur
楽器を演奏しながらパレードするガムラン「バレ・ガンジュール」も
バリならではの力強さと躍動感に溢れています。
バリ島でお祭りが多い時期によく見られる行列の演奏です。


短時間から、舞踊との組み合わせによる1時間以上のコンサートまで上演可能です。
コンサートやイベントなどの他、ワークショップとしての実習などにも対応できます。
お気軽にご相談ください。

ギータ・クンチャナスタジオ
〒540-0028 大阪市中央区常盤町2丁目2-26
工藤産業ビルB1F

地下鉄谷町線・中央線 谷町4丁目駅 6号出口より西へ徒歩4分
地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅 1号出口より東へ徒歩10分


2017年8月27日〜暫くの間電話が不通になります。
メールにてお問い合わせ頂きます様お願い致します。
アドレス gitakencana@hotmail.com

 

ギータクンチャナ トップページ