公演報告
ギータ・クンチャナ秋の自主公演
「金の鳥 銀の魚」


2002年 9 月 24日(日)クレオ大阪東ホール














今回、バリ島のデンパサール在住の著名な女形舞踊家「イ・マデ・ジェラダ」氏が来日して、 東京・名古屋・大阪と1ヶ月間公演やワークショップでまわられました。 ジェラダ氏はリーダー E が留学中踊りを習っていた師匠でもあります。 日頃は穏やかで飄々とした方でが、踊りにかける情熱は大変なもので振り付け師や、指導者としても、 バリ人、外国人問わず 常に人気の有るお忙しい人です。 最近は男アルジャの女形としてバリ中で名を知られるようになりました。

そのジェラダ氏の幅広いレパートリーの中から、ギータ・クンチャナとの共演では、 Nelayan と Teruna Jaya を踊って頂くことが決まりました。 Teruna Jaya は最近のギータ・クンチャナのチャレンジ曲としてかなり練習してきているものの バリ人の踊り手の伴奏となると初体験でドキドキです。
ジェラダ氏の意図する緩急の変化に曲が合わせることができるかどうか?! 経験の少ない penabuh だと踊りを見るゆとりがなくて自分のペースで暴走してしまったり、 踊りは見ているけど呼吸までは感じ取れなかったり。。。 バラけずに1曲通 すだけでも大変な演目を前日のリハ1回 でジェラダ氏バージョンのノリに 調整出来るかどうか?? 本番そのものより、前日のリハの方が緊張したメンバーもいたくらい(私じゃ!)です。

また、新しい踊り手さんとの合わせは気を使います。ジェラダ氏だけでなく、 何年も前に大阪に来て踊って頂いた東京の小村方 仁さんのトペンクラスもリハでは 「ありゃりゃ〜」な場面がたくさんありました。 久々のトペン、スリル満点で楽しかったです。
いずれの演目も、踊り手の方が曲に合わせて下さる申し訳のないシーンがたくさんあったのですが、 私たちにとってはいつもの何割増しかの良い演奏に引き上げてもらえたと思っています。

東京の上田 浩子さん、バリの俣野 葉月さんのチャンドラワシは華麗でした。 プスパ・クンチャナのチャンドラワシが「愛らしい娘っこ」だとすれば「大人の女性」の迫力というか、 違うキャラクターでみんな目から鱗でした。
E は留学時代(うーむ、10 年くらい前のことですじゃ)の仲間の伴奏ができて、 同窓会のような気分でうれしかったです。
Nelayan は、ジェラダ氏ならではの豊かな演技力で上田さん俣野さんとの息もピッタリ。 バリ芸能に詳しくない方達にも「ドジョウすくい」みたい!と親しみを持って楽しんでもらえました。

その他、新しい試みとしてバレガンジュール仕立て「プスパレスティ」を E の演出で取り入れました。 新しいレパートリーのブリビス、ヌラヤンのゲロンも相当がんばりました。
元スタジオエッグスのドン(今はスカルジュプンの新人)T が精魂傾けて音響・照明に工夫を こらしてくれたので、静かな満月の夜にグンデルの演奏でスタートし、夜明け前に海辺へ ムラスティーに向うバレガンジュール、そして夜明け(ニワトリの鳴き声が秀逸でした) と共に鳴り響くジャグルという、ストーリーも皆さんに楽しんで頂けたと思います。

チケットの売れ行きにも心配していたのですが、当日はホールがほぼ一杯になりやれやれでした。 チケット担当のメンバーも大車輪の活躍でした。 プスパ・クンチャナのメンバーも協力して作った舞台セットもかなり効果 的でした。

また、ジェラダ氏来日プロジェクトの要となり手続きやジェラダ氏のお世話や煩雑な裏方仕事、 そして出演者としてまで活躍された上田 浩子さん俣野 葉月さんはスゴイ!!と 文末ではございますが讃えたいと思います。

アルジャ:バリ島の宮廷を舞台にしたオペラ風の喜劇
Nelayan/ヌラヤン:漁師を題材とした踊り
Teruna Jaya/タルナ ジャヤ:若者の成功を讃える踊り
penabuh:ガムランの演奏者のこと
トペンクラス:仮面を付けて踊られる荒形の踊り、トペンとは「仮面」のこと
チャンドラワシ:極楽鳥の踊り
グンデル:基本的に4人で演奏される小編成のガムラン
バレガンジュール:パレード形式のガムランのこと
プスパレスティ:公演などの最初に踊られる歓迎の踊りの一種
ブリビス:水鳥の踊り
スカルジュプン:東京に有るバリガムランの演奏グループ
ムラスティー:バリヒンドゥーの儀式の一つ。海にいって浄めをする。
ジャグル:本来は「バロン」を演じる際に演奏される器楽曲