ギータクンチャナ10周年記念公演
「黄金の響」
平成14年1月18日  一心寺シアター「くら」

出演
Dewa Berata
Cok. Putri Rukmini
小谷野 哲郎
Puspa Kencana
Gita Kencana

舞台中央、人形のような二人 クルクルの音とともに プナブが集まってきました 「何?コレ人形??」
ガムランの音とともに動き出す二人  響き渡るチョップリンさんの美声 「ギタクンチャナ10シュウネン」 「タンジョビオメデトー!!」
Sekar Gendot(スカル・ゲンドット)
Gabor(ガボール)
Topeng Tua(トペン・トゥア) by小谷野哲郎氏
Tenun(テヌン)
Gender Wayang(グンデルワヤン)

 

 

 

 

 





Margapati(マルガパティ)
Belibis(ブリビス)
Oleg Tamulilingan(オレッグ・タムリリンガン) by チョップリンさん&小谷野氏
リーダーE「座ったままで失礼します・・・」 Dewaさん作詞・作曲の歌を歌いながら出演者全員で華やかにフィナーレ
お疲れ様でした!



個人的にはギータ・クンチャナでガムランの勉強を始めて最初の自主公演でしたが、
リーダーEを先頭に、プナブ、プナリ全員の「良いものを作るんや!!」という
前向きな勢いに圧倒されてしまいました。 

Dewa様のご指導は素晴らしく、前月の12月から、寒い中何度かスタジオに足をお運び頂き、
私たちのモチベーションを引っ張りあげてくださいり、
持ち合わせていなかった力まで引き出してくださいました。
Dewa様と一緒に練習させて頂いた時間や、舞台での時間、
フィナーレ用に即興で作ってくださった曲・・・全て私たちの大切な宝物になりました。
チョップリンさんのOlegはドキドキするほど美しく、本番中も楽器を叩きながら鳥肌満開でした。
普段着の小柄なチョップリンさんからは信じられないくらい、舞台ではとても大きく見えました。
小谷野さんのTopengは、観客を惹きつけ、演者と観客の境を越えて楽しめる・・・
・・・まるで実際にバリで演奏しているような感じでした。私も叩きながら笑ってしまいました。
舞台がぱっと華やかになる小谷野さんの存在感には感動しました。
構成等、舞台監督をご担当くださいました、元ギータのTさんの指示は的確で、
準備中、リハーサル中、舞台の質がどんどん上がってくのにはびっくりしました。
ひとつの物語としての素晴らしいペンタスを作り上げてくださいました。

寒い時期にも拘わらず、チケットほぼ完売で当日を迎えることが出来ました。
さらに、当日会場に駆けつけてくださいましたお客様で、客席は超満員。
皆様、誠にありがとうございました! これからも頑張りますのでよろしくお願いします。
合掌。

あまりにも学ぶことが大きすぎて、終わったらフラフラになりましたが、
またこのような素晴らしい舞台が出来ることを楽しみに、
これからも練習続けようと思いました。 ・・・・・・・・・・・・・by Miz



Sampun puput sane mangkin sampun
selawas sasolahane sami
dimogi ngulangunin kayun
para penonton sidarawuh ne mangkin

Titiyang sami para penabuh
lanya para penarini sami
ngulati kessenian Bali
Seka gong Gita Kencana werdi