高松公演報告 2002年6月8日(土)
香川県高松市願成寺にて

”サマヤサンガが贈るお寺を巡るコンサートツアー第7弾”に、私たちギータクンチャナとプスパクンチャナが御招待を受けました。
初の四国遠征です!

サマヤサンガは四国高松を拠点に活動を続ける真言宗の聲明(しょうみょう)グループ。これまでにもあちこちのお寺やホール、美術館etc.を舞台に多彩な顔ぶれと共演されています。

今回の会場はサマヤサンガ・メンバーのお寺、願成寺。
宵闇の境内はバリ島の幟(umbul-umbul)や傘で飾られ、至る所に蝋燭がおびただく灯り、和風とバリ風の取りあわせ、いい雰囲気でした。

演目は、
ガムランのみで・・・
ジャグル(Jagul)
ウジャンマス(Ujan mas)
バパンスリシル(Bapang selisir)

踊りを交え・・・
チェンドラワシ(Cendra wasih)
マルガパティ(Margapati)
パニャンブラマ(Penyembrama)⇒聲明と共演

グンデルで・・・
チェチャ・ムゲル(Cecak megelut)
ムラ・ゲロ(Merak ngelo)
プトゥガ・バテル(Petegak batel)⇒聲明と共演

聲明の「静」とガムランの「動」の対比はインパクトありました。また、グンデルの曲に厚みのある聲明が絡み合うところはなんとも厳かで、とても心地よかったです。

私たちの演奏を終始興味深く見守り、聞き入ってくださる檀家の皆様に熱いものを感じ、心打たれました。

こんな魅力あふれる企画に誘っていただいたサマヤサンガと、わざわざ願成寺まで聴きに来てくださった皆様に感謝いたします。

追記:個性豊かなサマヤサンガのお坊さまたちとの午前3時まで続いた打ち上げ(合コン)、とても楽しかったです。
讃岐うどんも、もちろん美味しかった!