公演報告
金沢城四季物語 夏の陣
アジア海道2002 民俗芸能と祭りの競演

2002年7月13日(土)石川県金沢市にて

バリの芸能をたしなむものにとって、夜、しかも野外のステージは、バリで見たステージを彷彿とさせてくれる、まさに憧れ。ライトアップされた金沢城をバックにした野外ステージという、今回のイベントはまさにその夢を実現してくれるはずであった。

しかし。

当日は接近しつつある台風の影響か、ときおりの雷までともなった激しい雨。雨は夢をも押し流し、会場を近くの石川県女性センターに移しての開演となった・・・

今回はわれわれの他、韓国から参加の4人のグループ「トゥルソリ」によるサムルノリ(農楽)、中国からは二胡と古筝のデュエットと、「民俗芸能と祭りの競演」のタイトルに恥じないバラエティに富んだ内容。どちらのグループもリハーサルからミュージシャンシップにあふれた仕事ぶりで、われわれも学ぶところが多かった。

特にトゥルソリは、リハーサルだというのにパワー全開のすばらしい演奏を披露。ギータクンチャナ、プスパクンチャナのメンバーも本番前であることを忘れてくぎ付け。4種類のパーカッションのみとは思えない変化と迫力に富んだ演奏には、我を忘れて声援を送っていたメンバーも少なくなかった。

午後7時、本番が始まる。

われわれギータクンチャナ&プスパクンチャナがオープニング。演目は、Tenun、Margapati、Chendrawasihの3曲。

これまで研鑚を積んできた演目だけに、踊り手も自信と余裕にあふれたステージを見せてくれた。またガムランには月曜講座の2人が参加してくれたが、これもステージデビューとは思えない落ち着いた演奏だった。

トゥルソリはリハーサル以上に迫力に満ちた演奏で観衆の喝采を浴び、中国の二人もしっとりとした演奏で人々を魅了した。

 

さて問題は3つのグループがそろってのフィナーレ。

一時間以上を要したリハーサルの成果は?

韓国とバリ、異なるリズムがうまくかみ合うのか?

....。

日中韓3グループがステージにそろって、まずはトゥルソリの演奏からスタート、そのあとリーダーのクンダン(太鼓)の合図でわれわれの演奏が始まった。こちらもサムルノリに対抗してバラガンジュール(太鼓やシンバルなどリズム主体のバリ音楽)だ。トゥルソリもうまく合わせてくれている。さすが!

ドドガドガドガ!

リーダーのクンダンがペースをあげる。このままエンディングのパターンを演奏して二胡&古筝にバトンタッチだ。

と......突然、トゥルソリが爆発した。

おおっ!

すごいパワーでぐんぐんテンポを押し上げてくる!

見る間にわれわれのリズムがかき消されていく。

わぁ!

クンダンが聞こえない!

エンディングはどこ?

★?!▽△?

.........。

完敗であった。

わずか4人のトゥルソリに、12人のギータクンチャナが飲み込まれてしまうとは。

「今度あったときこそは...」

コンサートを終わり、会場を離れるわれわれのバスに手を振ってくれているトゥルソリのメンバーに、車内からにこやかに手を振りながら、心の中でリベンジ....じゃなかった、再度の競演を誓うリーダーEであった。