2000年6月18日
練習会@天王寺区民ホール

梅雨真っ只中にもかかわらず雨に降られずラッキーでした。
スタジオから近い場所での練習会なので、トラックではなくワゴン車で楽器を運びました。

演奏はギータ・クンチャナと月曜クラス合計16名。

踊りは水曜クラスと金・土曜クラスの25名。

演目は、
Bapang Selisir,Penyembrama(2グループ)
Margapati(2グループ)
Gilakでした。

普段練習しているスタジオと違い、天井の高い広いホ−ルでは楽器をV字に広げておくと、離れた位置の楽器の音が聞こえにくいのです。こういう場合耳だけではなく五感をフル回転してお互いの呼吸を感じあうのが肝心です。時々バラケながらもまあまあの演奏ができたかな?

1月からガムランを始めたばかりの月曜クラスも、がんばりました。

踊り手から有志で演奏に参加してくれたメンバーはさすがによく音楽を聞いている人たちで、お見事でした。

この日のために各自でアイロンプリントした、お揃いのTシャツも、いつものpenabuhの衣装とちがった気分で楽しかったです。踊りのグループも、ピンク、黄色、赤、黒と、それぞれの色のTシャツで揃えて、華やかでよかったです。

練習ではいつもカセットを使っているので、微妙にテンポのちがう音に戸惑っていました。

たくさんの人に見られる緊張感から意外なミスをしたりしていましたが、お互いの踊りを見、生音で踊れて収穫は多かったと思います。

演奏者側から見ても楽器だけでの演奏と踊りが入るのとではだいぶ違ってくる。(誰や、踊りを見るゆとりは無かったなんて言うてるのは。リーダーE談)

音楽と踊りの緩急のノリが、ぴたりと一致したときの気持ちよさ。みんなの気持ちが、ひとつに集中したときに生まれる力強くて美しい何かを感じるとき、「ああ、生きてる。」と実感する。・・・大袈裟でごめんごめん。

バッチリ衣装もメイクも決めて照明なんかもついた舞台もよいけど、こういうカジュアルな練習会も気軽に設定できるわりに手ごたえは結構大きかったです。

見に来てくださった方からも「近い距離で見られてよかった。」など、よい感想をたくさんいただきました。

この場を借りて、足を運んでいただいた皆様にお礼を申し上げます、ありがとうございました。


Penyembrama(土曜クラス)







Penyembrama(金曜クラス)

Margapati(水曜クラス1)




矢野レヨン隊(隊長右端)

チェンチェンコピャ隊

Margapati(水曜クラス2)

踊り手の演奏

グンデル・ワヤンの演奏