2001年05月13日
薪の中のバリダンス@能舞台

「大阪最古の能舞台で一緒に何かしませんか?」

そう声を掛けてくれたのは頻繁にプリアタンを訪れバリ芸能を愛し続けて居る日本舞踊家の藤間洋光氏であった。

それから1年以上かけて準備練習を重ねて、2001年5月13日の午後さわやかな青空の下、初の試みの舞台がスタートした。

今時、異なる分野の音楽や舞踊をひとつの舞台にのせることは珍しくはない。西洋と東洋、日本とどこか、現代ものと古典などなど。
しかし、企画がしっかりしたコンセプトを持って練られたものでなければ、ただの異種混合、寄せ集めに留まり、「ちょっと変わってたね。」というだけのそこの浅い舞台で終わってしまう。

以前からギータクンチャナは神社で演奏してきた。

気に囲まれた、広すぎず狭すぎず、ころあいの良い空間は音の響きが程よく、PA装置に頼らずに互いの音も良く聞こえ合う。自然な空気の流れを感じながら観客の皆さんとも遠すぎない距離で、場を共有できる。なんとなく、バリの寺院で演奏しているような錯覚までしたりする。

音響効果の良い立派なステージのあるホールで効果的な照明を使った舞台もそれはそれで楽しいのだけどね。しかし能舞台とは、もちろん初体験。伝統としきたりにがっちり守られた能の世界以外のものが足を踏み入れることができるとは思わなんだ。実際、プロデューサーとして交渉ごとにあたった藤ましのご苦労は大変だったらしい。同じ日本の伝統芸能に携わる藤間氏ですら、一筋縄ではいかない複雑かつデリケートな手続きがあったようだ。彼の情熱なしにはこの舞台は成立しなかっただろう。

各方面のご理解ご協力により、はだしの私たちと重たいガムランとが古い木のきしむ重要文化財である舞台に載ることができた。

さて、今回の公演演目だが、二つの目玉があった。

一つ目は藤間氏の創作日本舞踊+ガムラン伴奏。と、いうより私たちの作った曲にあわせて藤間氏が踊って下さったというべきか。

藤間氏から提示された「四季の移ろい」と言うテーマ、四季折々に姿を変える水のイメージ、光のきらめきなどをガムランの音でどう表すか。Eが試みに作ってみた音を他のメンバーと吟味し、藤間氏からまた注文をもらい、踊りと音のきっかけ、合図を決め合い、呼吸を合わす作業を何度か繰り返した。

バリではこんな音の出し方はしない、という冒険も、あえて沢山してみた。日本舞踊の音の合わせ方は、バリ舞踊の音の合わせ方とまったく異なると言うことに気づき、苦心することもあった。

「出来上がるんかいな、ほんまに・・・。」

と不安に思うこともあったが、日本舞踊ならではの静かな体の運びにより生まれる緊迫した空気や、花鳥風月を感じさせられる美しい振りに引き込まれ、助けられ、いつしか愛着のある作品としてより磨きをかけることに集中していった。

もうひとつの目玉は、プリアタンのレゴン。

まったくのデンパサールッ子と言ってよいレッスン歴を持つEにとっては未知の世界。反対にプリアタンにはまっている人には、これこそが「レゴン」なのであろうが。

全身のばねを激しく使い、テンポ感やアンセルがかなり違うとは、数少ないNonton経験から感じていた。
しかし、レッスンを受けて、ひとつずつ教わってみると、コテカンのルールが違う、クンダンの手も違う。

芸大、芸高を中心に広く演奏されている形を「バドゥン・スタイル」と呼んでいいのか確信はもてないのだが、プリアタンの人たちがそう呼ぶので仮にそうさせて頂くが、「バドゥン・スタイル」で学んだものが、ある種、整然とルールが整ったものだと改めて思われた。この音とこの音がきっちりかみ合う、という外人にわかりやすいルールは幼稚だと笑われる。

私が師事したG氏はプリアタンガムラン界の長老で、ダンディーで、誇り高きsenimanである。

「今の若いもんはなっとらん、しかし簡単には演奏のための秘密は明さないよ。」

と手厳しくシニカルな方であった。

私が習ってきたものを日本でメンバーに伝えるのも一苦労。同じレゴンでありながら別のスタイルをすでに知っているが故の

「ひえええ・・・。」

という悲鳴とため息が、練習中しょっちゅう聞こえた。

踊ってくれたのは名古屋で活躍する3人。飛び切り息のあった踊りを見せてくれた。

音合わせの練習は一回のみ、後は不備だらけのカセットを送って聞いてもらうだけだったのに。この公演に賭ける彼女たちの意気込みはすばらしかった。気迫あふれるピンと張り詰めた踊りであった。

そして、「アルサウィジャヤ」。

ギータクンチャナにとっては久しぶりのトペンの伴奏である。ドキドキものであったが東京からはるばる来て頂いた、熟練した踊り手の方は、そつなく美しく踊ってくださった。

プスパクンチャナによるパニャブラマ、チェンドラワシも良かった。
いつもの演目とはいえ、能舞台の独特の形を生かした藤間氏の演出により、一味も二味も違った興味深いものとなった。

関係者の皆様、興味を持って足を運んでいただいた皆様に、御礼申し上げます。
そして、200名と言う限りある席であったため、心ならずもお断りすることになってしまった方々には深くお詫び申し上げます。