練習会報告 2002年4月28日(日)
天王寺区民ホールにて

2年ぶりの『ギータ・クンチャナのメンバー+ガムラン&舞踊講座生』合同公開練習会でした。

人前で初めて演奏する月曜クラス講座生はギータ・クンチャナのメンバーのフォローを受けて果敢に
ウジャンマス(Ujan Mas)と
バパン・スリシール(Bapang Selisir)に挑戦。

同じクラスの中に1年以上の経験者と10回足らずしかレッスンを受けていないフレッシュなメンバーが混ざっているのだが、それでもアンサンブルを楽しめるのが」ガムランの良いところ。ぎこちなさはあるものの、2曲とも破綻することなく演奏しきった。

踊りは
レゴン・ラッサム(Legong Lasem)
テヌン(Tenun)
そしてタルナジャヤ(Teruna Jaya)

レゴンはカセットでの伴奏であったが、ふだんは一人の踊り手が踊りきるKawitanからGuak/Lasemまでの各場面を一人2場面ずつ選び、リレーでつなぐというリーダーE発案のオリジナルバージョンでの試み。

優しく柔らかいキャラクターや歯切れのよい軽快なキャラクターなど、それぞれのメンバーの好みで役を選んでもらった。受け渡しが難しいのも、練習の甲斐があって結構効果的な演出となったと思う。

テヌンも通常3〜5名で踊られるのを金曜クラス、水曜クラス+土曜クラス各々9名ずつの大編成で、家内制機織り大工場(?)を楽しく演じていた。糸巻きやパタンパタン機織り機を操る仕草など具体的な演技があって、ややリラックスして踊れる演目ですね。

そして最大の目玉はタルナジャヤ。

ゴン・クビャール(Gong Kebyar)をたしなむなら、いずれはきっとタルナジャヤ。
バリ舞踊を学ぶなら、いつかは一度はタルナジャヤ。
・・・と多くの人が思うのではないだろうか。

「クビャール」とはまさにこのことかと思い知らされる激しく、速く、緩急の変化に富んだ曲。

実は、リーダーEは初めてこの曲を聴いたとき「気が狂っている人」を連想したもの。
テンポや曲想の変わり目が唐突で、いつまで続くんだと気が遠くなるアンセルの連続攻撃。胸くそ悪くなるほどであった。

(本当はLengkapバージョンやクビャール・レゴンというもともとの古いバージョンはまだまだずっと長いのですが、私たちにとってそれはまだ将来の課題・・・)

曲の練習はもちろん大変だった。息を合わせてだだだっと駆け上がったり駆け下りたりちょっとタメたりと、テンポ面での合わせ。いやそれ以前により速いコテカンをより強く、というテクニック面での修養がまだまだ足りず。

しかし、皆が「がおー」とテンションを上げて、勢いで演奏しきったときの爽快感はひとしお。
踊りのメンバーも、レッスン以外に個別練習を積み重ねて皆それぞれの成果を上げた。

踊りデビューした土曜5時クラスのメンバーもさぞ緊張したことと思うが、これを良い機会にいっそう前向きにレッスンに取り組めることと思う。

普段のレッスンでのカセットとは一味違う生伴奏ならではのスリル満点の踊り。音と踊りとの一体感が気持ち良く、終わった後は長く虚脱状態が続いた出演者も多かったのでは?

最後になりましたが、見学に大勢御来場いただき感謝にたえません。どうもありがとうございました。

「タルナジャヤは鳥肌が立ちました!」とかけて頂いた感想のお言葉をこれからの私たちへの励ましとして、ますます良い音楽と踊りを楽しんでいただけますよう次のステップを目指します!

ウジャンマス
テヌン
タルナジャヤ